「ルールの世界史」出版のお知らせ

当社の伊藤が執筆した「ルールの世界史」が日本経済新聞出版から出版されました。

ルールを知れば、ビジネスがわかる

歴史を知れば、ルールの見方が変わる!

われわれの仕事と生活にかかわる「ルール」の意外な秘密に迫る、

知的エンタテインメント!

争いを解決する。ゲームを面白くする。ビジネスを円滑に進める――

われわれの周りには、様々な「ルール」が存在する。

ルールは、誰かがそれを定め、運用していくことで変わり、時代にそぐわなくなると消える、

というライフサイクルを経る。

本書は、そうしたルールの興亡の歴史を知ることで、

その本質を理解し、いまのビジネスにどのように影響しているのかを読み解く

ビジネスエンタテインメント本である。

本書ではビジネスにおけるルールの役割を

「信用の維持」

「創造物の拡散とコントロール」

「ビジネスを広げるための、巻き込みと役割分担」

「企業を成長させるための育成と放任」の4つに分解し、

それぞれについて各章で説明。

インターネット時代におけるルールの変質や、

日本が得意でない「ルールメイキング」にどういうスタンスで臨めばいいのかについてもふれる。

・ニュートンでも理解できず、大損を被った「信用ルール」

・交通ルールより先にできた、フランスカーレースの独自ルール

・ルールが生んだ万博ブームと、その終わり

・謎の男、サトシ・ナカモトが世界に広げたルール

・国によって異なる「ルールの好み」

など、誰かに話したくなるトピックを交えながら、解説する。