特定調停は中小企業の事業再生に最適の制度です

特定調停は、中小企業の債務整理・事業再生に最適の制度と言えますが、これを成功させるには、金融機関を納得させる経済的合理性、適法性及び社会的妥当性のあるスキームを構築し、それを迅速に実行できるかことが必要です。当社はそのようなスキーム構築力に長けたコンサルタントと弁護士により構成されるコンサルティングファームであり、特定調停を含む事業再生に豊富な実績を有しています。

事業の継続性

特定調停は非公開の手続きで、取引先に対する支払い中止の効果などもありません。対外的に公表されず、事業の継続に全く影響なく短期処理が可能です。

個人保証の一括処理

特定調停は個人の債務についても同一の手続きで解決することを想定されていますので、代表者の個人保証債務を一括処理することができます。

債権者にとっても処理が容易

債権者・債務者の話し合いの状況によっては双方の合意に代わる裁判所の決定という形で処理ができます。金融機関側も処理の公正性が担保され処理しやすい制度です。

全国各地域で実績があります。ご質問だけでも結構ですので、お気軽にご連絡ください。