債権処理の程度、ニューマネー、経営存続の有無によってスキームに違いが出てくる。