手続の柔軟性、強制力の違いにより様々な手法がある