まずは自社で事業計画・事業戦略を策定してみませんか

事業計画や事業戦略を策定したい、策定する必要があるとしても、社内にはそのような人材はいないという企業はたくさんあると思います。また、事業計画や事業戦略は一応あるが、必要に迫られてなんとなく作ったもので本当にこれでいいのか今ひとつ自信が持てないという企業も多いのではないでしょうか。

当社はこのような企業のために、業界横断的な知見、金融・証券・会計・税務・法務の各実務の知識を総動員して事業計画・事業戦略の立案・実行の支援を行う戦略系コンサルティングファームです。

しかしながら、事業計画や事業戦略の策定を費用をかけて外部コンサルタントの支援を受けることについては、やはり一定の抵抗感があるのも事実だと思います。外部コンサルタントの支援といっても目に見えるものではないため、具体的にどのような支援が受けられるものなのかがわからない、というのも理由の一つではないでしょうか。実際、当社が支援させていただいて入るクライアントも、以前は当社のようなコンサルティングファームを利用するとどのようなメリットがあるのかわからなかったが、今では知り合いの会社にも紹介したいとお褒めいただいております。

そこで、私どもとしては、まずはお客様自らが計画・戦略の立案をやってみて、その上で私どもが支援できる部分をご提示した方が、よりよく当社の支援内容をご理解していただけるのではないかと考えております。そのために、事業計画や事業戦略の立案のために必要な情報はまず無償で提供し、自力でできるところまでやってみていただいた上で、当社のコンサルティングメニューをご提案し、ご納得の上でお手伝いさせていただこうと思います。

まずは下記から事業計画・事業戦略策定の冊子をご注文ください。冊子を読んでわからない部分等もお気軽にご質問ください。その上で当社の提案を聞いてみたいという方はご連絡いただければと思います。

3つの無料提供ツール

事業計画策定ツール

「やさしい事業計画の作り方」

事業計画は、1.事業戦略の内容を詳細化すること、2.誰がいつ何をするのかという行動計画(アクションプラン)に落とし込むこと、3.行動計画に連動した数値計画を作成すること、の3大項目が含まれている事が肝要になります。本資料では、これらの各項目の作成の仕方から、全体を通じた事業計画の具体的な策定手順を解説します。

事業戦略策定ツール

「やさしい事業戦略の作り方」

戦略とは「経営目標を達成するための具体的手段および行動を時間軸に沿って整理したもの」です。そのためには、第一に自社の置かれている状況・現状を正確に把握すること、第二に正しい目標・ゴール設定をすることとなります。自社の現状を正確に把握するための経営分析手法から、戦略策定に至るまでのステップを詳細に解説します。

業界分析ツール

「業界分析メモランダム」

自社の事業戦略・事業計画を立案する前提として自社の外部環境としての業界を知ることは大切です。業界の基本構造や市場のトレンドを把握し、他社の動向と自社の置かれているポジションを理解することが経営分析の第一歩となります。業界分析メモランダムはかかる検討のための基本的な情報を提供いたします。

ツールサンプル