事業承継のタイミング

「中小企業の事業承継に関するアンケート結果」(野村総合研究所)によると、後継者が事業を承継するのに、最適な年齢は、43.7歳という結果があります。

その他に、事業承継は後継者の育成期間も必要であり、「中小企業白書2014年度版」によると最低でも3年はかかり、約43%が5年から10年かけていることが分かりました。

一方、現役経営者の事業承継の年代別割合をみると、60代が42.2%と約半数、行っていることが分かります。

また、事業承継後の業績の推移のデータを見ると、後継者が若い時に事業承継を行った方が「良くなった」という結果も出ています。

以上のことから、実際に事業承継を実施するまでには、関係者の調整や、社内準備と、何より後継者の育成と確保が必要となりますので、準備の着手は早ければ早いほど良いことがわかります。