株式譲渡契約の記載内容

株式譲渡は事業承継の典型的な方法といえ、株式譲渡契約の締結によって実行されるのが一般的です。

この株式譲渡契約の内容としては以下のものが考えられます。

  • 譲渡対象となる株式の特定
  • 譲渡価格
  • 譲渡実行の時期及び手続き(取締役会の譲渡承認、譲渡証または株券の引渡しなど)
  • 表明保証(株式や会社の内容についての保証)
  • 譲渡実行までの管理義務
  • 危険負担

上記の多くの条項が株式譲受人の利益を守るためのものとなっています。株式譲渡人は基本的には株式譲渡の対価を得ることが目的ですので、それ以外の義務はなるべく少ない方が有利と言えます。

ただ、事業承継は単なる物の売買ではなく、人によって構成される企業についての権利譲渡であり、オーナーにとっては大変思い入れが強いものでもあります。そのため、譲渡後の役員の構成や従業員の処遇について譲渡人の意向で譲受人に一定の義務を課する条項を入れることもあります。

また、反対に譲受人側としてもいきなりオーナー社長が経営から退いては会社の運営に支障が生じるということもありますので、譲渡人に一定程度の関与を義務付ける条項が入ることも多々あります。