債務超過解消への効果、課税リスク、将来の回収可能性を考慮して、オプションを選択することが必要